自動車の税金や車庫証明・名義変更などについてまとめました

中古車を購入する際に注意するポイント!

中古車は新車と違って車のコンディションは1つ1つ異なっています
その為、中古車を購入する際には気をつけるポイントが様々存在しているのが実情です。
今回は中古車を賢く購入する際の注意点について紹介したいと思います。

1・走行距離について

中古車を購入する人の多くが最も注目するポイントは走行距離だと思います。
一般的には車の走行距離は1年間で1万kmとされており、10年10万kmが中古車の寿命と言われています。
しかし、最近では車の耐久性が大幅に向上したこともあり修復歴が付いているような車でなければ、15万km走行した中古車であったとしても問題なく走行することが出来ます。

2・修復歴の有無について

修復歴とは車の骨格となる部分に事故などで損傷を受け、修復を受けた履歴を指しており、修復歴車は事故車とも呼ばれています
この修復歴車は相場よりも安く販売されていることが多く、激安価格で販売されている中古車の多くに見られます。
この修復歴車は安く購入できるメリットがありますが、骨格部分の損傷は後々想定外のトラブルを引き起こす原因となるので、希望する中古車が修復歴車であることが分かった場合には購入を控えた方が良いでしょう。

3・車の年式について

中古車の年式は一般的に高年式であるほど車の見た目や内装が綺麗となり販売価格も高くなる傾向にあります。
また中古車の年式で気を付ける必要があるのは5年?7年ほどの間隔で実施されているフルモデルチェンジです。
フルモデルチェンジが行われるとクルマの外観や機能が大きく変更され、モデルチェンジ前のクルマの販売価格が安くなります
その為、同じ車種を安く購入するならばフルモデルチェンジ行われる前のクルマを選択すると良いでしょう。

このように中古車を購入する際には様々な気を付けるポイントがあるので、必ず販売店に赴いて現車確認を行うようにして、可能ならば試乗して動いている状態も含めてチェックするようにして下さい。


2018年8月8日

カテゴリー : 自動車一般

Copyright © 2013-2018 [自動車手続きの123] All Rights Reserved.