自動車の税金や車庫証明・名義変更などについてまとめました

自動車の自賠責保険についてまとめました

自動車の「自賠責保険」は自動車を運転する人の全てに加入の義務があります。
強制加入の保険であり、自賠責保険に加入していない自動車を道路で走らせることはできません。
自賠責保険は被害者を救済するために設けられている保険制度であり、違反者に対しては自動車損害賠償保障法の規定に基づいて、懲役刑や罰金刑、免許停止の罰則が課せられます。
また自動車を運転する際に「自賠責保険証明書」の携帯も義務付けられており、これに違反した場合には30万円以下の罰金が課せられます。
通常はこの自賠責保険に加えて、個人の意思で加入する任意保険も合わせて加入している場合がほとんどです。

自賠責保険の場合は、補填内容や補填額に制限があります。
死亡事故を引き起こした場合の補填は最高で3000万円であり、障害の場合は120万円です。
事故後の後遺症に関しては障害の程度に応じて第1級から第14級に別れており、その補填額は4000万円から75万円の幅です。
事故によっては被害者側にも大きな過失のある場合があり、その状況に応じてこれらの補填額が減額される可能性もあります。

自動車保険には任意保険もありますが、これは自賠責保険ではまかないきれない部分を補うための保険です。
事故の大きさによって自賠責保険の補填額を超える賠償金が課せられる可能性もあるため、その分を補うために任意保険は意味を持っています。
自賠責保険は、事故によって被害を受けた人の身体を補填するものです。
しかし事故の場合はそれだけにとどまらず、物的損害や相手の自動車への損害など幅広いものがあります。

また加害者側も事故によって怪我を負う状況も考えられます。
自賠責保険だけでは、これらの状況に対応することができないため、それもまた任意保険によって補うことになります。

自賠責保険は各保険会社によって加入が可能です。
自賠責保険料は加入期間や自動車の種類によって決まっているため、保険会社による保険料の差はありません


2018年7月2日

カテゴリー : 保険

Copyright © 2013-2018 [自動車手続きの123] All Rights Reserved.