自動車の税金や車庫証明・名義変更などについてまとめました

自動車保険についてくるロードサービスとJAFの違いは?

ロードサービス イメージ
車を所有するなら加入しておきたいのがロードサービスです。
何かトラブルがあったときでも電話1本で駆けつけてくれるため、安心して車を運転できます。そんなロードサービスですが、自動車保険に付帯しているものと、JAFが提供しているサービスの2種類あります。

自動車を購入するときは自動車保険に入るのが一般的です。
したがって、ロードサービスは自動的についてきます
それなら、JAFに加入しなくてもいいのではと考えてしまいます。
そんな疑問を解決するために、自動車保険のロードサービスとJAFの提供しているロードサービスを比較してみましょう。

JAFのロードサービス

まず、JAFのロードサービスですが、会員になるとキー閉じ込みやバッテリー上がり、バンク時のスペアタイヤ交換、落輪引き揚げ作業は無料でしてもらえます。
しかも、これらのサービスには回数制限がありません
それに、JAFの会員なら他の方が運転している車に同乗している場合にもサービスを同じように利用できます
このほか、会員証を見せるとグルメやショッピング温泉テーマパークなどの優待を受けられる場合もあります。

自動車保険に無料でついてくるロードサービス

対して自動車保険のロードサービスはどうかというと、チューリッヒを例に挙げてみましょう。
チューリッヒのロードサービスではJAFでは有料となるオイルの補充時のオイル代、冷却水の補充時の冷却水代、灯火類バルブ交換のバルブ代が無料になっています。
落輪引き揚げサービスも例外はありますが、無料で受けられます。

レッカーけん引距離を比較すると、JAFは15キロに対してチューリッヒでは100キロ以内は無料です。
くわえて、レッカーけん引を依頼時にかかる修理後の自動車搬送費用、レンタカー代、宿泊施設の利用料などの補償も受けられます。
ただし、キー閉じ込みとバッテリー上がりを無料でお願いできるのは1回だけになっています。
それに、自動車保険のロードサービスは契約している車両以外は受けられません

ロードサービスの比較のまとめ

このような違いが自動車保険のロードサービスとJAFのロードサービスにはあります。
この違いから考えて、普段あまり自動車に乗る機会がないといった方は、自動車保険のロードサービスで十分かもしれません。
運転する機会が少ないので、トラブルにあうことも少ないでしょう。

頻繁に自動車に乗り、遠距離を移動するといった方はJAFと自動車保険のロードサービスの併用をおすすめします。
自動車保険のロードサービスには1回のみ無料のものもあるので、備えあれば患いなしということで、JAFに加入しておくのがいいでしょう。

2019年9月4日

カテゴリー : 保険, 自動車一般

自動車の主な安全装備を理解することは大切です

最近の自動車には、安全運転に関する装備が色々実装されています。
障害物などを感知してくれる機能もあれば、走る道を修正してくれる機能もあるのです。
今回は、自動車の主な安全装備を取り上げてみました。

障害物を感知して自動的にブレーキをかけてくれる装備

自動車を運転していると、たまに冷や冷やしてしまう事があります。
急ブレーキを踏むざるを得ない事もあるのです。
例えばある道を走っていたら、突然に誰かが飛び出してきました。
衝突してしまう可能性があるので、ブレーキを踏む事になるでしょう。
ですが急に飛び出してくるので、踏むのが間に合わない事もあります。
ですが安全装備が実装されている車は、特殊なセンサーが取り付けられているのです。
車の前方にある障害物を感知して、自動的にブレーキを発動してくれます。
速やかにブレーキを踏める(機械的にブレーキが作動する)ので、事故を回避する事ができます。

横滑りを防いでくれる装置

横滑りを防止する機能もあります。
自動車で移動していれば、カーブを曲がる事もよくあります。
その際走行ラインが横に膨らんでしまい、反対側から走ってきた車に衝突しそうになってしまう事もあるのです。
ですが横滑りを防いでくれる装置がある車なら、走行ラインが横に膨らむのを回避する事もできます。
曲がり角走行のリスクが低くなるのです。

2つの種類がある安全装備

上記の他にも、安全装備は色々あります。
走行ルートを修正してくれる装置もあれば、白線を踏みそうになった時にブザーで教えてくれる装置もあるのです。
運転する時の安全度が高まりますから、とても便利です。
ちなみに安全装備には、主に2つの種類があります。
上記のように、事故が起きるのを予防してくれる装置と、事故が起きた時の被害を最小限に食い止める装置もあるのです。
いわゆるシートベルトやエアバッグも、実は安全装備の1つになります。
予防目的の装置は「アクティブ」と表現される事もあり、事故が起きた時の装置は「パッシブ」と表現されることがあります。

2019年4月25日

カテゴリー : 自動車一般

自動車のタイヤの劣化はなぜ危険なのか

劣化してしまった自動車のタイヤには、様々なデメリットがあります。
スリップしやすくなってしまいますし、大きな事故が発生する可能性も否定できません。
高速道路で、突然バーストしてしまう事もあるのです。

雨の日や雪の日に滑りやすくなる

雨の日や雪の日などに車を走らせているドライバーの方々は、たまに危険を感じている事があります。
滑ってしまう可能性があるからです。確かに雪道などは、非常に滑りやすいでしょう。
しかし、たとえ雪道でもタイヤの状態が良好なら、スリップするリスクは低くなります。
問題は、劣化してしまったタイヤなのです。
買ったばかりのタイヤには、溝が刻まれているでしょう。
それを長年使い続けていると、だんだん磨り減ってしまうのです。タイヤの滑り止めが無くなってしまうので、スリップする確率も高まってしまうのです。

タイヤのバースト現象とその原因

高速道路を走っている車は、たまにタイヤが爆発してしまう事があります。
いわゆるバーストと呼ばれる現象です。
なぜタイヤが爆発してしまうかというと、空気圧の安定感なのです。
タイヤの中には、もちろん空気が入っていますが、たまに空気圧が不安定になってしまう事があります。
道を走っている車のタイヤは、だんだん温度が高まってきます。
まして高速運転している車の場合、どうしてもタイヤの温度は高くなるのです。
温度が一定以上のレベルになると、タイヤが破裂してしまう場合があります。

劣化したタイヤは破裂しやすい

バーストという現象が発生する確率は、空気圧次第なのです。
タイヤの中の気圧が安定していれば、バーストが発生する確率は低くなります。
ところが長く使い続けたタイヤの場合、内部はやや不安定になりやすいのです。
中が不安定になってしまえば、タイヤが破裂する確率も高くなってしまいます。
つまり、それも劣化したタイヤのデメリットの1つなのです。
バーストしてしまう確率を下げたいなら、やはり劣化したタイヤを使用するのは控えるべきでしょう。

2019年2月19日

カテゴリー : 自動車一般

中古車を購入する際に注意するポイント!

中古車は新車と違って車のコンディションは1つ1つ異なっています
その為、中古車を購入する際には気をつけるポイントが様々存在しているのが実情です。
今回は中古車を賢く購入する際の注意点について紹介したいと思います。

1・走行距離について

中古車を購入する人の多くが最も注目するポイントは走行距離だと思います。
一般的には車の走行距離は1年間で1万kmとされており、10年10万kmが中古車の寿命と言われています。
しかし、最近では車の耐久性が大幅に向上したこともあり修復歴が付いているような車でなければ、15万km走行した中古車であったとしても問題なく走行することが出来ます。

2・修復歴の有無について

修復歴とは車の骨格となる部分に事故などで損傷を受け、修復を受けた履歴を指しており、修復歴車は事故車とも呼ばれています
この修復歴車は相場よりも安く販売されていることが多く、激安価格で販売されている中古車の多くに見られます。
この修復歴車は安く購入できるメリットがありますが、骨格部分の損傷は後々想定外のトラブルを引き起こす原因となるので、希望する中古車が修復歴車であることが分かった場合には購入を控えた方が良いでしょう。

3・車の年式について

中古車の年式は一般的に高年式であるほど車の見た目や内装が綺麗となり販売価格も高くなる傾向にあります。
また中古車の年式で気を付ける必要があるのは5年?7年ほどの間隔で実施されているフルモデルチェンジです。
フルモデルチェンジが行われるとクルマの外観や機能が大きく変更され、モデルチェンジ前のクルマの販売価格が安くなります
その為、同じ車種を安く購入するならばフルモデルチェンジ行われる前のクルマを選択すると良いでしょう。

このように中古車を購入する際には様々な気を付けるポイントがあるので、必ず販売店に赴いて現車確認を行うようにして、可能ならば試乗して動いている状態も含めてチェックするようにして下さい。

2018年8月8日

カテゴリー : 自動車一般


Copyright © 2013-2018 [自動車手続きの123] All Rights Reserved.