自動車の税金や車庫証明・名義変更などについてまとめました

自動車の主な安全装備を理解することは大切です

最近の自動車には、安全運転に関する装備が色々実装されています。
障害物などを感知してくれる機能もあれば、走る道を修正してくれる機能もあるのです。
今回は、自動車の主な安全装備を取り上げてみました。

障害物を感知して自動的にブレーキをかけてくれる装備

自動車を運転していると、たまに冷や冷やしてしまう事があります。
急ブレーキを踏むざるを得ない事もあるのです。
例えばある道を走っていたら、突然に誰かが飛び出してきました。
衝突してしまう可能性があるので、ブレーキを踏む事になるでしょう。
ですが急に飛び出してくるので、踏むのが間に合わない事もあります。
ですが安全装備が実装されている車は、特殊なセンサーが取り付けられているのです。
車の前方にある障害物を感知して、自動的にブレーキを発動してくれます。
速やかにブレーキを踏める(機械的にブレーキが作動する)ので、事故を回避する事ができます。

横滑りを防いでくれる装置

横滑りを防止する機能もあります。
自動車で移動していれば、カーブを曲がる事もよくあります。
その際走行ラインが横に膨らんでしまい、反対側から走ってきた車に衝突しそうになってしまう事もあるのです。
ですが横滑りを防いでくれる装置がある車なら、走行ラインが横に膨らむのを回避する事もできます。
曲がり角走行のリスクが低くなるのです。

2つの種類がある安全装備

上記の他にも、安全装備は色々あります。
走行ルートを修正してくれる装置もあれば、白線を踏みそうになった時にブザーで教えてくれる装置もあるのです。
運転する時の安全度が高まりますから、とても便利です。
ちなみに安全装備には、主に2つの種類があります。
上記のように、事故が起きるのを予防してくれる装置と、事故が起きた時の被害を最小限に食い止める装置もあるのです。
いわゆるシートベルトやエアバッグも、実は安全装備の1つになります。
予防目的の装置は「アクティブ」と表現される事もあり、事故が起きた時の装置は「パッシブ」と表現されることがあります。


2019年4月25日

カテゴリー : 自動車一般

Copyright © 2013-2018 [自動車手続きの123] All Rights Reserved.